香川・高松の初回相談料無料の弁護士事務所 | 山本・坪井綜合法律事務所

不貞問題UNFAITHFULNESS

慰謝料を請求したい方

相手方の不貞行為(浮気、不倫)などで、相手方に原因があって離婚することとなった場合、相手方に慰謝料を請求することが可能となります。
慰謝料は、100万円から300万円と、おおよその相場があります。

もちろん、相手が非を認め、自主的に払うのであればそれが一番良いことでしょう。
しかし、夫婦間のことですから、相手方にとってもそこに至る経緯として様々な出来事があり、様々な言い分や感情があり、自分が悪いと思いながらもいろいろと反論したくなるものです。
そのため、弁護士に依頼するメリットとして以下のようなものが挙げられます。

  1. 適正な請求額を、説得的に相手方に提示でき、早期の解決が期待できる
  2. 交渉を全て弁護士が行うため、依頼者様が相手方と直接やりとりをする必要がなく、時間的な負担ばかりでなく、精神的な負担も最小限に抑えることができる
  3. 適切な和解書や公正証書の作成し、終局的な解決を目指すことができる

ご相談をいただければ、ご相談者様の事情に沿った見通しを丁寧にお伝えいたします。
是非、当事務所にご相談ください。

慰謝料を請求されてしまった方

夫婦が離婚に至るときには、様々な事情があります。
その中でも、あなたの不貞行為(浮気、不倫)が一因となって離婚に至る場合には、相手方から慰謝料を請求されることがあります。

慰謝料にはおおよその相場がありますが、相手方がひどく傷ついていたり、あなたに恨みを抱いているような場合には、感情にまかせて高額な慰謝料を請求してくることがあります。

あなたとしては、ご自身に負い目があるような場合には、請求された額を払わなければならないのではないかと思い悩まれるかもしれません。
しかし、あなたに離婚の原因がある場合にも、相場以上の額を支払う必要は原則としてありません。
また、夫婦といっても様々な状態があります。
例えば、相手方にも離婚の原因がある場合、またすでに別居などしていて夫婦としての実態が失われている場合などには、相場よりも慰謝料額が低くなることがあります。
しかし、専門的な知識がなければ適切な慰謝料額を割り出すことは非常に難しくなります。
弁護士に相談、ご依頼されることで、次のようなメリットがあります。

  1. 具体的な事実をもとにした、適切な慰謝料額で解決ができる
  2. 交渉を全て弁護士が行うため、依頼者様が相手方と直接やりとりをする必要がなく、時間的な負担ばかりでなく、精神的な負担も最小限に抑えることができる
  3. 感情を受け止めつつ、法的な知見も織り交ぜて話し合いを行うため、相手方も冷静な状態で話し合いに臨めるようになる
  4. 依頼者様の経済状況に合わせて分割での支払い提案を行うなどして、実現可能な和解を目指すことが出来る

慰謝料の請求を受ける、あるいは受けそうな場合、早期のご相談がより重要となります。
是非、当事務所にご相談ください。

初回相談料無料

弁護士からのご挨拶

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

[受付時間]8:30~18:00/土日祝除く
上記、受付時間以外の場合は下記までお電話ください

お電話でのお問い合わせ

[受付時間]8:00~21:00/年中無休

メールでのお問い合わせ
電話する アクセス ぺージトップ